Dolphinist Academy

イルカは進化している?

イルカは、高いスピリチュアリティ(霊性)、知性を備え、進化した意識を持っています。彼らは宇宙の恩寵として存在していて、 この地球で、自然や動植物などのあらゆる生命体と調和して生きることを私達に示してくれています。 今、地球環境をはじめ、たくさんの問題を抱えている私達人類が、どのように生きていけば良いのか、イルカたちから学ぶ時がきているように思います。

ドルフィニスト篤、綾子のガイドであるイルカのスピリット「イルカくん&いるかちゃん」が、「イルカが普段どのように過ごしているか?」その進化した意識について、 そして「愛と喜びのマスター」としてのイルカについてご紹介いたします。

イルカは遊びが大好き!

イルカは遊びが大好き!イルカはいつも愛と喜びの中に生きていて、遊ぶことが大好きです。
イルカの泳いでいる姿は、美しくて、とても幸せそうです。

イルカのスピリットの「イルカくん」はいつもこう言います。

イルカくん

こんにちは、ぼくはイルカくんです!


イルカの心はね、いつも遊びのことで一杯だよっ!

仲間と体をスリスリして、じゃれ合うよ

あっちでジャンプ!
こっちでもジャンプ!
もう一度ジャンプ!
クルクルって回転もする

かっこいいところ見せるのが大好き!

船を見つけたら、船の先をビュンビュン泳ぐ

人間が泳いでいるのを見つけたら、『こっちこっち!』って呼ぶよ

面白そうなものを見つけると、そこまですぐ泳いで行って、
つついてみたり、泡を吹きかけたり・・・

ビニール袋だって、ぼくたちの遊び道具
見つけたら、くわえてどこかに行ってしまうよ

波に乗るのも大好き!
波に乗って、チューっと滑りますよっ

いつだって、子供のように好奇心旺盛で、無邪気に遊んでいる

そして、『何か面白いことないかな?』って、ワクワクすることをいつも探しているんだ

イルカは、いつ見ても楽しそうです。

私達人間は毎日、やらなくてはいけない仕事を抱えて、ストレスを感じています。

私達もイルカのようにいつも楽しく過ごせたら・・・そんな憧れはないでしょうか?

イルカは自分らしくいるのが当たり前!

イルカは自分らしくいるのが当たり前!イルカにはストレスがないのか聞いてみると・・・

イルカくん

ぼくたちは、やりたくないことはしないよ

やりたいかどうかは、いつもハートが教えてくれるから、その通りにするんだ

だから、自分らしく自然にしているのは当たり前

ぼくたち、イルカはとても気まま

無理もしない

だから、基本的にストレスはないよ


人間の皆さんが、ぼくたちと泳ごうとやって来るときがあるけど、一緒に泳ぎたくなければ、無視するよ

人間が近づいてきたら、逃げちゃうこともある

もちろん、人間と遊びたいときは、ぼくたちからそばに行って遊ぶよ


ぼくたちは、ポッドという群れで行動しているけど、気が合わない仲間がいれば自然に離れていくんだ

相手が一緒にいて欲しいと望んでいても、ハートの声が「No!」と言っていれば、一緒にはいないんだ

相手との境界線はしっかり作って、自分を大切にするんだ

自分勝手のように見えるかもしれないけど、嫌なのに一緒にいるなんて、相手だって嫌だよね

ハートの声に従うことは、相手も大切にしていることにもなるんだ


おかげで、ぼくたちのハートはいつも喜びで一杯、愛で満たされている

それに、ハートの声に従うだけだから、何にも束縛されていない

いつだって自由!

何か嫌な出来事があって、悲しんだり、落ち込むこともあるけど、じっくりその感情を味わったら終わり

次にはもう笑顔で笑っているよ

人生は波乗りのようだね

私達人間は、「自分らしく」いることがいいことだと頭で理解していても、どうしても他人と比較したり、周囲の人の目や体裁、世間の評価を気にしてしまいます。

そして、「やりたくない」ことでも、
「周りに嫌われたくないから・・・」
「皆に迷惑を掛けたくないから・・・」
「仕事だから仕方ない!」
そう自分に言い聞かせて、周りに合わせて無理してやったりします。

そうやって無理をしているうちに、いつの間にか等身大の自分から離れてしまって、心の内側で思っていることと、しゃべっている言葉、行動の間にギャップが生まれて、自分が苦しくなっていきます。

本音を話してないので、勝手に自分のことを理解してもらえない、相手と通じ合えない感覚がして、人間関係もうまく行きません。

そして、そんな状態をずっと続けていると、本当の自分の声さえも分からなくなってしまいます。

心の奥底にいる本当の私達は、いつも「自分らしく」いることを望んでいます。

自分らしくいることは自分勝手ではなく、宇宙と調和している

自分らしくいることは自分勝手ではなく、宇宙と調和しているそうは言っても、私達には「自分らしく」生きることは、自分勝手で良くないというイメージがあります。

社会経験があれば、自分の主張だけを押し通して、自分勝手に生きていくことはできないことを誰もが知っています。

それに対してもイルカのスピリットの「イルカくん」は続けます。

イルカくん

確かにぼくたちは、やりたいことをすぐにやるし、やりたくないことはしない・・・
人間の皆さんから見たら、とても自分勝手に見えるかもしれないね

でも、自分勝手にやっているのとは違うんだ

ぼくたちのハートは宇宙と繋がっていて、ぼくたちはいつもそのハートの声に従っている

だからぼくたちの行動は、人間の皆さんには自分勝手に見えるかもしれないけれど、宇宙と調和しているんだ

宇宙と調和しているということは、自分に嘘がないということ
自分の本音を誤魔化していると、宇宙とずれていくよ

自分を大切にして、宇宙の流れとともに進んで、無理はし過ぎない・・・

そうしていれば、とても気持ちいいはずだよ

物心がまだ付いていないような小さい頃は、誰もが直感のまま自分らしく遊んでいたことと思います。

自分らしくいようという考えすら持っていません。

でも、大人になり社会に組み込まれるにつれ、自分らしく振舞ったり、ハートの声や直感に従って行動すると、常識や既存のルールとうまく合わなかったり、壁にぶつかる経験をします。

そして、「これでいいのかな?」「自分は間違っているのかな?」と、自分の感覚をそのまま信じてはいけないと思うようになります。

大人になって自分の感覚が信じられなくなると、失敗しないように、誰かの成功例やマニュアル通りに行動するようになっていきます。

そうしているうちに、私達はすべてを頭で考え、コントロールするようになり、自分の直感、内なる声に従って行動することを諦め、宇宙と調和した自然な生き方も手放してしまうのです。

幼い頃にはあった生き生きとした感覚は失われ、日常が味気なくなります。

私達が、再び宇宙と調和するには、自分の本音を大切にし、直感や内なる声に従い行動することが鍵となります。

イルカはハートとハートで繋がっている

イルカはハートとハートで繋がっているテレビでよくイルカが群れで泳いだり、ジャンプするシーンを見たことがあると思います。

イルカは呼吸するために海面に姿を見せますが、その瞬間、群れ全体が、まるで息を合わせたかのように同時に海面に姿を表し、また同時に海に潜るという動きをよくします。

群れの動きがゆったりと調和していて、とても美しく、神秘的です。

ちょうどシンクロナイズドスイミングのように、みんなの動きが一つになります。

イルカのスピリットの「イルカくん」はこう言います。

イルカくん

あれは、ぼくたちにとって、とても自然なことなんだ

群れの仲間とは、肉体はそれぞれ別々だけど、全員がハートとハートで繋がっているんだよ

ハートで繋がっているから、言葉がなくても皆で瞬間、瞬間にコミュニケーションができるんだ

だから、誰かが「こっちへ泳ごう!」とか、「今、息を吐いて!」とか指示をしなくても、群れ全体で1つの意志を持った生き物のように自然に同じ動きができるんだよ

そして、皆が繋がったハートは、宇宙とも繋がっているから、群れの動きは宇宙と調和しているんだ

イルカが超音波を発して、お互いにコミュニケーションを取っていることは知られていますが、更にお互いがテレパシーで通じ合い、言葉を超えたコミニュケーションをしています。

私達人間にとって、ハートで相手のことを感じ取ることができると言えば、特別なことかもしれませんが、イルカにとっては当たり前で自然なことなのです。

私達人間はと言うと、一人一人が違う容姿や肉体を持っているように、一人一人の感情や思考もそれぞれ独立していて、他人のことは一見するとよく分かりません。それを当然のこととして受け入れています。

お互いに考え方や意見が違うことは自然で、イルカのように皆が一つの感情や思考を持つという感覚は持ち合わせていません。

意見が違うために信頼関係が保てず、お互いの心が離れ、争いになったり、調和が乱れることも人間社会では普通のことで、自然なことです。

人間がイルカのように息を合わせて泳ごうと思えば、シンクロナイズド・スイミングのように意気を合わせる訓練を相当積まなければできないでしょう。

でも、私達の心の奥底では、ハートとハートの繋がりを求めているのではないでしょうか。

イルカが考えていることはとてもシンプル

イルカが考えていることはとてもシンプルどうしてイルカはハートとハートで繋がることができるのでしょうか?

イルカのスピリットの「イルカくん」は続けます。

イルカくん

それはね、ぼくたちの心に葛藤がなくて、平和だからだよ

ぼくたちの心は、とてもクリアで純粋なんだ

ごちゃごちゃしてなくて、とってもシンプル

そのクリアな心で仲間のハートを感じることもできるし、
瞬間瞬間に心にやって来る直感もキャッチできるんだ

ぼくたちは、考えているこも、とてもシンプル

住むところや食べることの心配もないし、何かに捕らわれることもないし、「~じゃなきゃ困る」ということもないよ

だから、自由に発想をして、色々な遊びを創り出すんだ

そして、すべての考えが宇宙と調和している

私達人間は、いつもたくさんのことを考えています。
忙しく考えることで、心の穴を埋め合わせしている時もあります。

そして、たいていの場合、相反する考えが交錯し、頭の中をより複雑にしています。

「自分は格好いい」とプライドを持っているかと思えば、同時に「自信がない」という自分がいたり・・・
「うまく行くはず!」と成功を信頼しているかと思えば、「うまく行かないかも・・・」と不安になる・・・

様々な考えが葛藤し、本来は単純なことを複雑に考え始めて、焦ったり、自分を責めたり、人を責めたりして、心の中の平和はどこかにいってしまいます。

そんな状態で、「今、私は何がしたいのか?」というとてもシンプルな自分の欲求すら分からなくなって、自分の感覚を信頼できなくなります。
それは、とても悲しいことです。

でも、解決方法はとてもシンプル!

自分で自分を複雑にしてしまっているだけなので、考え過ぎている自分を一旦脇に置いてみると、イルカのようにシンプルな自分に戻れるということです!

イルカは物を必要としない

イルカは物を必要としないイルカのスピリットの「イルカくん」は続けます。

イルカくん

ぼくたちは、何にも捕らわれていないし、考え方もシンプルだから、何も持たなくても心は幸せなんだ

幸せのために物が必要なわけじゃないから

ぼくたちは、仲間のイルカと泳ぎの競争をしたり・・・
海に漂っている海藻やビニールのゴミを見つけて、前ひれにかけたり、口にくわえたり・・・
生きているタコを口にくわえて遊んだり・・・

とっても楽しくて、それで充分満足だよ

人間はたくさんの物、お金、権力、評価、ステータス、名誉を得たいと望みます。その欲望が原動力となり、私達の生活も向上し、発展してきました。

しかし、この欲望がずっと満たされ、心が平和であり続けることはありません。一度満たされたとしてもしばらくすると、また次の刺激が欲しくなります。
時には強い執着を生み出し、欲望が満たされないと激しい葛藤を生むこともあります。

どうして私達はイルカのようにシンプルにいられないのでしょうか?

それは、イルカのように純粋に喜びから行動を選択しないからです。
私達は、残念ながら純粋な喜びから行動を選択するよりも、恐怖や不安から行動を選択することが多いのです。

嫌われないように・・・
一人ぼっちにならないように・・・
いい人と思われるように・・・
競争で負けずに生き残れるように・・・
周りから取り残されないように・・・

私達はそうした不安からいつも周りを気にしたり、比較し、コントロールし、追いつき追い越そうと頑張っています。

あなたが今求めていることが純粋な喜びからかどうか、振り返ってみてください。

ステータスを得るために持っておきたいのでしょうか?
一度手に入れたものがなくならないように守りたいのでしょうか?

純粋な喜びから選択できていれば、心はいつも平和で幸せを感じることができるでしょう。

イルカは、自分に価値があることを知っている

イルカは、自分に価値があることを知っているイルカのスピリットの「イルカくん」は続けます。

イルカくん

ぼくたちはね、ありのままのぼくたちで良しとしている

自分達の存在価値を何かで証明する必要がないんだ

ぼくたちは、既に自分がこのままで価値のある存在だってことを知っているんだ

それはどうしてかって?

それは、ぼくたちは、いつもスピリットと繋がっているから

自分はスピリットと一体で、スピリットの愛の中にいて、何かをしなくても価値があることを知っているんだ

だから、何もしなくても幸せ

そして、自分がどんな質を持っていて、どんな存在なのか知っている

私達人間は自分の存在価値に確証が持てません。

ですから、「これでいいのかな?」と皆、思いながら日々暮らしています。

しかし、この社会では、自分が提供した価値に対して対価が支払われるので、私達は自分の価値を周りに認めてもらわないと、生きていけません。

ですから自分の価値を証明するために、何かに所属したり、資格を取ったり、力のある人に媚びたり・・・と、必死です。

でも、私達が何かができるから価値があるのではなく、根源的な自分の価値に少しでも確証が持てたら、もっと心に平和と自信が持てて、リラックスして生きていけるのでしょうね。

イルカはスピリットと繋がっている

イルカはスピリットと繋がっているイルカのことが好きな人はたくさんいると思います。

「かわいい、楽しそう、喜びいっぱい、無邪気、優しい、調和的、癒される、自由、愛がいっぱい、クリエイティブ、ありのまま・・・」

人間のイルカに対するイメージはいいものばかりです。
実はどのイメージもイルカがスピリットと繋がっている特徴を表しているのです。

イルカのスピリットの「イルカくん」は続けます。

イルカくん

スピリットはね、目に見えないけど、しっかりと存在しているんだよ

とっても大きくて、宇宙全体と一つ
意識さえ向ければ、宇宙のどの場所でも行くことができる

過去や未来の自分もスピリットの一部なんだよ

そして、眠っている間に体験する夢の世界は、この3次元とは違う体験だけど、それもスピリットの一部
スピリットは多次元にわたっているんだ

ぼくとあなたは一見違うけど、スピリットの視点から見れば、1つ

スピリットの視点から見れば、他の仲間のイルカとも1つだし、すべての命ある生き物とも1つだし、地球や宇宙とも1つなんだ

これがぼくたちの本当の姿

そして、これはイルカだけの話ではなくて、人間のみなさんも同じなんだ
ただ忘れてしまっているだけ

イルカはね、この肉体だけが自分だとは思っていなくて、自分はスピリットであることを知っているよ

そして、イルカは自分自身が何の目的でここに存在していて、自分のスピリットが何をしたいのかよく知っている

自分が宇宙の計画の中の一部であることも知っている

そして、いつもスピリットから来る声に従っているんだよ
それをハートで聞いているんだ

私達は、残念ながら自分のスピリットをほとんど感じることができません。
スピリットから分離して、3次元という限定された世界に切り離され、目の前の日常を忙しく過ごしています。

私達は、スピリットとしての意識を持つ代わりに、「私」という個としての意識を強く持っています。

それは、周りの人のサポートや目に見えない存在のサポートのお蔭で今日の自分があるという意識ではなく、どちらかと言うと今までの人生はすべて自分が頑張ってやってきたという意識です。

私達が日常で孤独感、寂しさを感じるのも、自分の源であるスピリットと切り離されているので、当然なのです。

でも、私達は、スピリットと繋がっているイルカの姿を見ていると、自分もスピリットと繋がっていることを思い出させてもらえます。

私達もイルカのようにしっかりとスピリットと繋がりたいのです。

だから私達はイルカに憧れ、惹かれるのかもしれません。

イルカは深い愛を持っている

イルカは深い愛を持っているイルカの目を見ると分かりますが、その目から無条件の愛、優しさが伝わってきます。私達人間に「そのままでいいんだよ!」という許しのメッセージを送ってくれます。

イルカのスピリットの「いるかちゃん」は言います。

イルカちゃん

こんにちは、いるかちゃんです


イルカは、スピリットと繋がっているから、無条件にすべてを愛することができます

すべてを判断することなく、愛しています

仲間のイルカに対しても、お互いが思いやりを持って、理解し合っています

例えば、群れの中で1頭のイルカが肉体的な痛みを抱えていたり、心の痛みを抱えていれば、それを皆がすぐに察知します

そして、1頭のイルカの痛みを群れの全体の痛みとして感じます

そして、そのイルカのことを群れ全体で見守ったり、慰めたり、思いやった行動をします

群れに子供のイルカがいれば、群れの皆で育てます


イルカは、人間に対しても同じように思いやりを持って接します

例えば、精神的に病んでいる人や、肉体的に障害を持った子供が泳いでいると、私達はそれを察知して、サポートするように泳いだり、「自分で泳げるんだよ!」と勇気を持てるように元気づけます

私達には、何が問題でそうなっているか分かるので、それを癒そうと自然に行動するのです

このようにイルカはいつも思いやりと調和のエネルギーに溢れていて、奉仕的です。
基本的にすべてが愛からの行動です。

私達人間はイルカのこの慈愛に感動し、イルカと接しているだけで癒されます。
イルカは、存在するだけで人間を癒す天然のヒーラーです。

また、イルカと触れ合う「ドルフィン・セラピー」は、精神の治療法として注目されています。

私達人間はスピリットとうまく繋がれないので、自分自身や他人に対していつも思いやりを持って接しようとしても、感情が付いてこなくて、なかなか難しいです。

イルカのように、自分自身や他人のことを「好き、嫌い」などあれこれ判断することなく、無条件の愛ですべてを許す・・・とは、なかなか行きません。

もし、私達がスピリットと繋がり、進化したイルカのようになりたいのならば、まずイルカに対して尊敬の念を持ち、学ぼうとする姿勢が必要です。

その謙虚な姿勢が思いやりや調和の心を生み出し、自分のスピリットと再び結び付けてくれるでしょう。

イルカはどんな自分のことも許している

イルカはどんな自分のことも許している再び、イルカのスピリットの「いるかちゃん」が続けます。

イルカちゃん

もちろん、イルカは自分のことも、無条件に愛しているから、どんな自分も許しています

だから子供のように好奇心が旺盛で、無邪気で、衝動的な自分がいても、ありのまま許しています

私達は、自分に対して何の判断も規制もしません

恥ずかしいと思うこともなく、素直に感情も表現します

イルカは、心に葛藤がなく、捕らわれるものがないので、いつも自由で、自分らしく存在することができます。
それは、イルカの動きや美しい曲線の姿にも表れています。

私達の心の中には、気に入らない自分や、嫌いな自分がいて、認めたくない自分がいます。
人間にとって、いい自分と駄目な自分がいることは自然なことですが、駄目な自分がいることを許せず、なかなか愛せなくて、心の中で葛藤してしまいます。

駄目な自分は、不完全で、恥ずかしいので、人の目につかないように隠さなければいけないと思っています。

そのように心に秘密があって、分断されていては、どんなに喜びがあってもどこか心が満たされず、苦しいはずです。

イルカは、いつも教えてくれています。
「どんな自分も自分なんだから、そのままでいいよ!」と・・・

イルカは、宇宙を信頼し、流れにゆだねている

イルカは、宇宙を信頼し、流れにゆだねている今度は、イルカのスピリットの「イルカくん」です。

イルカくん

ぼくたちは、波に乗るのが大好き!

波に乗って、チューと滑るよ

ぼくたちは、チューと滑った先は、どこに到着するかなんて、考えていない

これから先の将来のことも考えないし、心配もしない

ぼくたちはスピリットと繋がっていて、自分とすべては1つだと知っている
だから、起こることすべては自然な流れだと分かっていて、そのすべてを信頼し、受け入れている

すべてを宇宙に任せていて、宇宙を信頼しているんだ

だから、何かにしがみついていなくても怖くないよ


もちろん望みや希望はあるさ

でも、望みや希望が叶うかどうかは分からない

それさえも、執着しない


ただ望みや希望が叶うかどうかは別にして、宇宙は完璧なことを知っている

この宇宙は、望めば叶うけれど、いつ叶うかは分からないんだ

すべてにタイミングがある

予想していたのとは違った形で目の前にやってくるかもしれない

だから、ただ流れに委ねているんだ

宇宙の流れに逆らっても押し戻されるだけだからね


ぼくたちは、自分の死であっても、宇宙の流れならば、素直に受け入れるよ

自分の意志と宇宙の意志をいつも合わせているんだ

そこに葛藤はない

ぼくたちは、ただ流れに乗っていくんだ

イルカは波乗りの名人です。

それは実際の波に乗ることだけではなく、どんなことが起こっても、波に乗って行くという生き方そのものがマスター的だという意味でもあります。

イルカは宇宙の流れを察知し、瞬間瞬間の直感に従って生きていきます。
超然としていて、何かに執着することなく、自由です。

それに対して、人間はスピリットと離れているので、未来に確証が持てず、不安と恐怖を持っています。宇宙の流れを信頼し、すべてを宇宙に任せるということができず、自分自身を守ることを考えてしまいます。

もし、宇宙の流れに逆行して、自分で現実をコントロールしようと必死になっている自分に気づいたら、「大丈夫!すべては完璧だから。」と、肩に入っていた力を抜いて、流れにゆだねてみましょう!

イルカは本能に従って戦うこともある

イルカは本能に従って戦うこともある イルカのスピリットの「イルカくん」は続けます。

イルカくん

もちろん、ぼくたちも生きていくために戦うこともあるよ

ぼくたちにも生きていくための本能がある


海の中はいつも安全とは限らないんだ。

サメだってくるし、シャチもいる・・・

ぼくたちは敵が来ないかと、いつも自分の周りに注意を払っている

お腹もすくから毎日、お魚も捕らないとね

仲間と一緒に魚を捕る時は、遊びながらもみんな真剣だよ

みんなで魚の群れを追い込むんだ

魚だって食べられないように、真剣さ

でも、ぼくたちの方が泳ぐの早いけどね!

自分の身は自分でしっかり守るんだ

これは自然の掟

子供のイルカは一人前に狩りができるようになるまで、守られて育てられるんだ


ぼくたちも、一見するとひどいことをすることもある

オスがメスを探している時、メスの群れから無理やり1頭のメスを引き離して攻撃的に交尾を行うこともある
メスを巡って、オス同士が争うこともある

でも、すべては自分の子孫を残すためなんだ

イルカはかわいくて優しいというイメージがあります。

でも、イルカにも生きていくための攻撃的な本能があります。
それは人間を含め、どの動物も共通して持っているものです。

私達も、この本能的な衝動を持っていることを卑下する必要はありません。
衣食住を得て、子孫を残そうとする本能があるからこそ生きていけるのですから・・・。

あなたの心の中に、本能的な衝動があっても、それがあることを許してあげましょう。
でも、私達がその本能をむき出しにした行動を取るかどうかは、よく自分で考えて責任のある行動を取るのが、大人のマナーです。

その本能的なエネルギーを上手に自己実現のために使えるようになるといいですね。

イルカは、愛と喜びのマスター

イルカは、愛と喜びのマスターイルカのスピリットの「イルカくん」は続けます。

イルカくん

でもね、ぼくたちは本能に従う時もあるけれど、すぐに調和の取れた無条件の愛の意識に戻ることができるんだ

ぼくたちの意識はとても柔軟

例えば、敵から身を守るときは必死になっていて、恐怖を感じている
魚を捕らえている時はとても攻撃的
愛する仲間が傷ついたり、死んだりした時は、悲しいし、辛い

当然その時は、愛と喜びの状態ではない

でも、それは一時的なこと
ずっとネガティブな気持ちに捕らわれていることはないんだ

恐怖や闘争心、悲しみや辛さをハートで味わい尽くしたら、それらの感情はすぐに昇華されて、また愛の状態に戻るんだ

意識を柔軟にコントロールし、無条件の愛の状態を保持することができる・・・
そんなイルカは、「愛と喜びのマスター」と言えるでしょう。
このような意識状態を、当アカデミーでは「イルカ意識」と呼んでいます。

もちろん、人間の世界にも成熟した人と未熟な人がいるように、イルカの世界にも成熟したイルカもいれば、未熟なイルカもいて、心の成熟度合いも様々です。

私達はと言うと、イルカのように愛と喜びの状態を保持することは難しいと感じます。

でも、イルカのように意識の選択次第で、気持ちを切り替えることができるというのは、嬉しいことですね。

イルカは、脳全体を100%近く活性化させている

イルカは、脳全体を100%近く活性化させているでは、どうしてイルカは人間とは違って、「イルカ意識」でいることができるのでしょうか?

それを裏付ける一つの科学的なデータとしては、ジョン・C・リリー博士によって発見されたイルカの脳についての研究があります。

人間は起きて何か活動をしているとき、脳の数パーセントしか使っていないと言われていますが、博士の研究によると、イルカは脳全体を100%近く活性化させていると報告されています。

また、人間もイルカも大脳には右脳と左脳があります。人間は、右脳と左脳の連携があまりスムーズではありませんが、イルカは全体がシンクロして働いているとの報告があります。

人間とイルカの間で脳の働きがこれだけ違うということは、同じ世界を見ていても、人間が認識している世界とイルカが認識している世界は全く違っているかもしれません。

神秘的なお話ですね。
イルカに関する神秘的な話はこれからの研究でまだまだ出てくると思います。

一方で、イルカの攻撃的な一面だけを取り上げて、イルカは愛の存在ではないという考えの方もいらっしゃいます。特にイルカの研究をされている方々は、科学的に観察でき、証明できることを重要視されるので、目に見えず証明しにくいイルカの「無条件の愛」というテーマに関して取り上げることは難しいと思います。

でも、私達は直感的に受け取っているイルカからの「無条件の愛」を大切にしたいと思っています。

イルカは地球に存在することによって、人間もイルカのようになれるんだよと、教えてくれています。

人間が、イルカから学ぶ時代が早く来ることを願っています。

ページのトップへ戻る

アカデミーについて

Dolphinist Academy Facebookへ 「Dolphinist Academy」のFacebookです。

ヒーリングサロン「ドルフィニスト」 ヒーリングサロンのご案内

ウェブショップ「ドルフィンマジック」 当アカデミーの通販サイト

「shop「dolphinist」公式ブログ」Spiritual & Healing Shop “dolphinist”オススメ情報や、お届けしたブレスレット、そしてグッズを普段から楽しんでいただける使い方をご紹介しています♪

イルカくん&いるかちゃん公式サイト

「shop「dolphinist」公式ブログ」イルカの素晴らしさを発信するFacebookページです。


Copyright(c)2010 Dolphinist Academy. All Rights Reserved.